アイピルの効果で避妊失敗時服用で妊娠を避けられます!

アイピルの効果で避妊失敗しても妊娠を止められる?

 

 

コンドームが破けたり外れたりするとすごく不安になりますよね!

 

避妊をする為には、コンドームを使うのが一般的ですが、コンドームでは100パーセント完全とは言えません。

 

それは、性行為中に何らかの原因により、破けてしまう事があるのです。

 

コンドーム自体とても薄く作られていますので、ちょっとした衝撃で破ける可能性も高いのです。

 

もし破けてしまったり、避妊に失敗してしまった時には、アイピルを使って、妊娠するのを防ぐことが出来る可能性が高くなります。
アイピルはアフターピルと言われている物で、性行為後に飲む避妊薬です。

 

しかし性行為後であっても、時間が経ってしまってからの服用だと、効果が弱くなり、妊娠してしまう事もありますので、出来るだけ性行為後すぐに飲む事で、望まない妊娠を避けられるのです。

 

アイピルの効果について

 

では具体的にアイピルがどのような効果があるのか、排卵前、排卵後の違いはどうなるかを説明します。

 

▼アイピルはこちら▼

 

 

アイピルの作用・排卵前

 

アイピルは、緊急の避妊用として使用される医薬品のことを言います。

 

特徴としては、アフターピルと呼ばれ、性行為において避妊が失敗しても24時間以内に服用することで、高い確率で避妊することができるとされています。

 

この避妊のメカニズムとしては、主成分が排卵の周期を遅らせる効果があります。

 

通常排卵した際に受精が起こるため、排卵前の性行為においては受精の可能性が高くなります。

 

アイピルはこの排卵周期を遅らせることにより、受精させずに妊娠を抑制することができるという仕組みです。

 

また、通常のピルであれば、性行為の前に服用する必要がありますが、アイピルは性行為後でも効果があるため、万が一失敗した時でも持っていると安心感があります。

 

アイピルの作用・排卵後

 

モーニングアフターピルと呼ばれている避妊薬のひとつになりますアイピルですが、レボノルゲストレルという有効成分が含まれている医薬品になります。

 

アイピルの特徴は、排卵後に精子と卵子が結びついた受精卵が、妊娠が成立するための過程となる子宮内膜への着床を抑えてくれる効果が期待できる医薬品です。

 

受精卵が子宮内膜へ着床するためには、子宮内膜が増殖することで着床がしやすくなるといいます。

 

アイピルを性行為した後から24時間以内に服用することで、95%以上の避妊が成功し、排卵後の受精卵が子宮内膜へ着床することを抑えてくれます。

 

>>アイピルはこちら

 

アフターピル一覧

 

アイピル

 

アイピルは緊急避妊薬です。

 

避妊が十分にできなかったセックス後でも24時間以内に服用すれば95パーセントという高確率で避妊出来るというデータがあります。

 

日本の産婦人科で一般的に処方箋されているノルレボ錠のジェネリックです。コンドームが外れた、破けた、避妊に失敗して膣の中に精子が入ってしまった緊急時に効果を発揮するのがアイピルです。

 

 

 

 

マドンナ

 

マドンナは性行為下部72期間以内に服用する緊急避妊薬(アフターピル)です。服用までの時間は短ければ短い程避妊成功率が高いです。

 

2錠で1回分で レボノルゲストレル0.75を2回飲みます。

 

2錠で1回分なので2回目を飲み忘れるのを忘れる危険性がありますので注意しましょう。

 

マドンナは妊娠を望まない性行為で不安な時に避妊の効果を発揮します。

 

一度に多量のホルモンを摂取しますので常用するのはやめて下さい。

 

 

 

 


エラ

 

エラは最新のアフターピルです。

 

アフターピルは一般的に性行為後72期間以内の服用が必然でしたが、エラは服用可能な時間が長く5日以内であれば85%、3日以内なら95%が避妊成功します。
1錠のみの服用なので手軽で2回目の薬を飲み忘れる事がありません。

 

 

アイピルが効果がある時間っていつまで?

 

アイピルを飲んで効果を発揮するのは性交後いつまでなのでしょうか?

 

 

アイピルの効果は飲む時間が大事

 

 

アイピルの効果を最大限発揮するためには、性行為後72時間以内に服用することがとても重要です。

 

これは、卵子に精子が到着し、受精したのち着床するまでのリミットであるためです。

 

つまり、この時間を過ぎてしまうと手遅れとなってしまいます。

 

また、経過時間については、72時間では約75%の確率で避妊できているの対して、24時間以内だと約95%の確率で避妊できるという研究の結果もあります。

 

この結果からも性行為後一定期間をおいて服用するよりも、なるべく早く服用することで避妊できる確率が高まると言えます。

 

アイピルを服用する際、他にも気を付ける点はいくつもありますが、最も重要である服用期間が延びるほど効果が弱くなっていくことを頭に入れておくようにしましょう。

 

アイピルはいつまでに服用すれば良いの?

 

 

避妊を目的とした方法を実行していたのにも関わらず失敗した際に事後でも対応できるのがアイピルの特徴であることから、ミスに気がついたら即座に飲用するのがベストなタイミングです。

 

ピルと言えば女性ならではの症状が起こるタイミングに合わせ、初日から忘れずに日々1錠ずつ飲んでいくイメージが根強いですがピルを毎日飲んでいなくてもうっかり避妊に失敗した時に服用すれば妊娠を避ける事が出来ます。

 

製品開発を手がけているメーカーにおいては目安としてタイミングも明瞭に公表しており、臨床試験の結果72時間以内であればほぼ望み通りの結果になり、12時間以内なら非常に高い確率で避妊できます。

 

早ければ早い程効果があるのでいつも手元に置いておくといいでしょう。

 

アイピルはもし72期間過ぎると効果はないの?

 

アイピルは、基本的に性行為から72時間以内に飲むことで効果を得られるとされています。

 

ここで気になるのが72時間過ぎてしまった後にアイピルを飲んだ場合、効果が無くなってしまうのかどうかということでしょう。

 

結論からいってしまうと、72時間が過ぎてしまったらアイピルの効果がまったく無くなるというわけではなく、避妊確率は落ちますが最長で120時間までなら、ある程度の効果は期待できるとされています。

 

では、どのくらい避妊確率が違ってくるのかというと、避妊失敗から24時間以内であれば95%と高い確率で避妊をすることができるアイピルですが、24〜72時間以内になると84%、72時間から120時間以内で60%と時間の経過とともに避妊確率は落ちていきます。

 

このように避妊確率から考えれば、やはりアイピル服用が推奨されている性行為後72時間以内というのは理にかなっているといえるでしょう。

 

ただやむなくその時間を過ぎてしまったとしても、先述したように120時間以内の服用であれば、ある程度の効果は期待できますので、72時間過ぎてしまったからと諦めてしまわず出来る事はやっておくとよいでしょう。

 

アイピルは安全性が高い避妊方法なのか

 

 

アイピルは安全性の高い避妊方法なのでしょうか。

 

まず、なぜ、アイピで避妊ができるのかというと、女性ホルモンが多く含まれているため服用することで体内のホルモンバランスを急激に変えて子宮内膜を剥がして排出させる効果があります。
そのため、たとえ受精していても着床を防ぎ、避妊をすることができるのです。

 

もし避妊に失敗した場合はなるべく早く利用することをおすすめします。

 

ただし、アフィターピルは体内のホルモンバランスを急激に変えるため、副作用も強く現れる場合があります。

 

個人差がありますが、吐き気、頭痛、腹痛などの副作用が出る可能性があります。

 

しかし、中絶よりは体にかかる負担は少ないので、性交渉後に避妊をするならおすすめです。

 

しかし体に悪影響がないのかや、果たして安全なのかを気にする人は多いです。

 

飲んだ影響についてですが、アイピルはプロゲステロンと呼ばれる女性ホルモンの量を変化させる作用があります。そのことによって、卵巣からの排卵を止めて妊娠を防いでくれる働きがあります。
それから、もしも排卵している場合においては卵子と精子の受精を防止してくれる働きもあります。

 

避妊できているかどうかを確認するには、アイピルを服用してから1週間前後に生理時のような出血をした場合においては避妊は成功したといえます。

 

この出血は人によってはでないこともありますので、必ずしも確実に避妊できているかどうかを見分けられるわけではありませんが出血した場合においては避妊は成功といえるでしょう。

 

強制的に生理のときのような状態を作り出すことが可能です。ただ出血がしないという場合でも、医療機関を利用して確かめることについてはできます。 

 

服用後のこうした出血は、通常の生理とは関係はありません。

 

薬の効果によって出血が引き起こされるという仕組みです。

 

出血が通常の生理周期に変化を与えることもありませんので、生理周期にはまた通常のように出血をします。

 

アイピルを飲んだ月には月に2回出血をすると考えて問題はないでしょう。

 

アイピルの種類 レボノルゲストレル「LNG法」 ノルレボ錠と「ヤッペ法」フラノバールの違いを比較

 

緊急避妊薬であるアイピルには2つの種類があります。

 

レボノルゲストレルというノルレボ錠に見られる「LNG法」と、フラノバールと呼ばれる錠剤である「ヤッペ法」です。

 

LNG法であるはレボノルゲストレルは、黄体ホルモンを使用したタイプのピルです。副作用が少ないことが特徴で、ノルレボ錠は厚生労働省に認可されています。ヤッペ法は、本来緊急避妊薬として作られた成分ではなく、定期的に日常で使用される中容量のピルを転用したものです。

 

こちらには女性ホルモンを比較的大量に含んでいるので、副作用が出てしまうのが欠点です。

 

このふたつには使用間隔にも違いがあり、LNG法はヤッペ法は性行為後72時間以内に1錠から2錠を服用するだけで済むので簡単です。ヤッペ法は72時間以内に2錠服用し、その後12時間してからまた2錠を服用する必要があります。避妊効果としては、どちらも早く服用することに越したことはありません。

 

ヤッペ法は、服用回数が2回と多く、性行為後に寝てしまうことも多いので、2回目の服用を忘れてしまう例が多く見られます。また、従来のピルと同様に副作用も多いので、使用されることは多くありません。そんなヤッペ法が主であった緊急避妊薬に、LNG法は、後から誕生しました。副作用も少なく、服用回数も1回ですむことから、LNG法であるノルレボ錠を使用する人が圧倒的多数です。

 

アイピルはノルレボ錠のジェネリックなので副作用が少なく複数回数も1回で良いというメリットがあります。

 

アイピルを飲んだ後の翌月の生理はどうなるの?

 

 

排卵直後から卵巣でつくられる女性ホルモンの一つであるプロゲステロン(黄体ホルモン)は、主に受精卵が着床しやすいよう子宮内膜を厚くし体温を上げる作用があります。

 

アイピルはこの量を変化させて、卵巣からの排卵を停止し妊娠を防ぐ働きをします。

 

すでに排卵している場合は、その卵子と精子の受精を防ぐ働きをしてくれるお薬です。

 

アイピルを飲んだのが排卵後であれば通常の生理は予定日通りに来ることが多いです。

 

反対、に排卵前後にアイピルを服用した場合一ヶ月の間に生理のような出血と本来の生理が来ることになります。

 

ホルモン剤が含まれるアイピルを服用することで体内で受精卵が着床する前に子宮内膜を剥がす働きをします。

 

強制的に剥がされた子宮内膜が不正出血として現れます。

 

アイピル服用した方の体験談・口コミ

 

アイピルの通販の口コミ

 

彼との行為中にコンドームが破れてしまい、ちょうど排卵期近くでしたので、通販で買い置きしておいたアイピルをすぐに服用しました。時間をおかずに使用したので、次の予定の生理がきましたから、常備しておいて良かったです。ホットしています。

 

夫婦で共稼ぎ中で、まだ妊娠したくないと思い、アイピルを通販で買っておきました。婦人科で貰うのは面倒でしたので、便利かなあと思っていました。外に射精するつもりが失敗してしまい、手持ちがあったので使いました。80%程度の成功率だそうですが、成功しました。

 

ボーイフレンドと飲酒をした後に、マンションに泊まりましたが、彼が避妊せずに、酔っていて我慢できずに射精してしまい、大慌てでアイピルを通販で買いました。1日で届いたのでなんとか間に合い、結果はOKでした。こういうことがあるから用意だけはしておいた方が良いと思いました。

 

以前避妊に失敗して、何もしないでいたら彼女を妊娠させてしまって大変でしたので、それ以降は通販でアイピルを買い置きしています。まれに避妊失敗をしてしまうので、まさかの時の保険のようなものです。

 

当分、妊娠は経済的に出来ないので、主人から奨められて、アイピルを常備しています。100%の避妊が無理なのようですが、数年間使用していますが、失敗はありません。経済的に余裕が出来るまでと思っていますが、手軽に通販で購入できるので助かっています。便利な時代になったものですね。

 

 

アイピルの副作用に関して

 

 

副作用については、めまいや頭痛などを訴えることがあります。これらの症状は一時的なものであり個人差もありますが、気になる人は医療機関に診てもらうようにしましょう。

 

ただ、飲んだときの影響と飲まなかったときを比較すると、飲んだからといって絶対に避妊ができるというわけではありません。

 

しかし、望まない妊娠をしてしまうよりは飲んで避妊をするほうが大事といえるでしょう。アイピルを1錠できれば常備しておくようにすることで、もしものときに心強い存在になります。

 

アイピルの副作用はなぜ起きるの?

 

アイピルには合成黄体ホルモンが配合されており、これを服用することで一時的に体の中のホルモンバランスに急激な変化を与えることで受精を阻止したり受精卵の着床を防ぐことが可能になります。

 

しかし一時的とはいえ急激なホルモンバランスの変化は、おう吐や吐き気、頭痛、下腹部の痛みといった副作用を引き起こすことがあります。

 

アイピルには卵胞ホルモンが配合されていないため、他の緊急避妊薬よりも副作用が出にくいとはされていますが、全くでないという訳ではありません。

 

また服用後3時間以内に嘔吐してしまった場合は、アイピルの成分が身体に吸収されていないことが考えられ、避妊の効果を十分に得ることが出来ないため、もう1錠を服用する必要があります。

 

しかしおう吐したことでアイピルに対して不安な気持ちがある場合は、無理に服用するのではなく。

 

婦人科などの病院で診察をしてもらった方が安心できるでしょう。

 

低用量ピルの場合はホルモンバランスを整える効果があるため毎日の服用が大切ですが、緊急避妊薬であるアイピルはホルモンバランスに急激な変化を与えるので、服用方法が異なります。

 

あくまでも緊急時の薬であることを忘れないでください。

 

どれくらいアイピルの副作用は続くのか

 

避妊が失敗したかもしれないという緊急時に飲む避妊薬アイピルは、女性にとって不安を解消することができる救いの薬ですが、服用することで副作用が出てしまうことがあります。

 

その理由は、アイピルは避妊をするためにあえてホルモンバランスを乱す作用があるからです。その作用によって通常時では考えられない量のホルモンが分泌されることとなりますので、ホルモンバランスが乱れた時などに起こりやすい症状が副作用としてでやすいのです。

 

これらはアイピルを服用したことによる一時的なホルモンバランスの乱れが原因で引き起こされている症状ですので、服用から1〜2日間程度経てば薬の成分が分解されて治まるのが一般的です。

 

ただし、体質には個人差がありますので、中には強く副作用がでたり、こうした症状が長引いてしまう方もいます。その場合は、我慢せずに早めに医師に相談をするようにしましょう。

 

吐き気が強いなら吐き気止めを飲んでもいいの?

 

アイピルには副作用があります。頭痛、腹痛、疲労感、出血、めまい、吐き気などです。生理が遅れることも珍しくありません。

 

吐き気がひどい場合には吐き気止めを飲む方が薬の成分を吐き出してしまうよりもおすすめです。服用して吐いてしまったら効果が期待できなくなります。

 

アイピルは他の避妊薬と比べて副作用が少ないといわれていますが、吐き気が多いことは注意が必要です。もし吐いてしまっても服用から3時間以上経過していれば消化されていると考えても大丈夫です。体内のホルモンバランスを急激に変更することになりますから、吐き気、胃痛、むかつきなどは当然起こりうるものだと考えておくのが必要です。

 

緊急的に飲む事を想定して(アイピル)を常備しておこう

 

アフターピルは普段使用しなくても常備しておくと便利です。

 

なぜなら、避妊効果をしっかり得るためには性交渉後72時間以内に使用しなければいけないからです。

 

しかし、土曜・日曜に必要になってしまうと病院やクリニックが休みのため、すぐに入手することができません。

 

また、ネット通販でもすぐには届かないため、タイムリミットを超えてしまう可能性があります。

 

72時間以降に利用すると、避妊成功率は下がるため、妊娠してしまう可能性が大きくなります。

 

そして、アイピルは使用する時間が早ければ早い分、避妊効果が高くなります。そのため避妊に失敗した時はなるべくすぐに使う必要があるのです。

 

このような非常時に常備しておくと、慌てて購入する必要がなく、すぐに服用することで避妊成功率を高めることができます。

 

このようなことから、普段使うつもりはなくても、もしものことを考えてアイピルを常備しておくと便利です。

 

 

 

常備薬としてのアフターピルは病院では買えないので通販がおすすめ

 

アイピルの処方は病院受診すれば保険証は必要だが通販なら不要

 

女性であれば誰しも、避妊に失敗し困った事態があるかもしれません。

 

望まない妊娠を避けるためにも、アフターピル等の避妊薬を常備しておくことも大切です。

 

ですが、避妊薬は一般的には産婦人科を受診して購入するものです。

 

病院に行くときは、どのような場合でも受付窓口で保険証の提示を求められます。

 

これがきっかけで親などの家族に婦人科へ行き、ピルを処方してもらったことがばれる、なんてこともあり得ます。

 

いくら家族といえども、個人のデリケートな問題を知られてしまうのは恥ずかしいですよね。

 

それに、産婦人科を受診する、ということに抵抗がある方、時間がなくてなかなか行けない、という方も少なくないと思います。

 

そのような方々におすすめなのが、インターネット通販で避妊薬を購入する方法です。

 

これならば、時間がなくて産婦人科に行けない方、家族に避妊薬を購入したことがばれるのが嫌な方におすすめです。

 

また、郵便局留めもできますので、家族に知られることなく購入が出来ますので安心です。

 

値段も産婦人科で処方されるよりも安く購入できます。インターネット通販での避妊薬の購入をしておけば避妊失敗時にも不安に駆られる事はありません。

 

アイピル ノルレボのジェネリックのアイピルは急に病院へ行って買うより通販で買うのがお得

 

アイピルは、Piramal Healthcare社が開発したアフターピルで、ノルレボのジェネリック医薬品です。

 

しかし、アイピルの効果効能が期待できるのは性交後72時間以内と言われています。夜間や休日にことが起こってしまった場合、避妊の失敗に気づいてからアフターピルを処方してくれる病院を探して受診し、薬を出してもらうことは難しいでしょう。

 

また、医師の判断によってはジェネリックよりも高価な先発品の薬を処方されてしまう可能性もあります。それに引き換え、通販で購入すればジェネリックのアイピルを選んで薬代を抑えることができます。さらに病院に診察代を支払う必要もありません。緊急事態の対処として用いることを考えても、事前にアイピルを通販で購入しておく必要があります。

 

アイピルは販売・薬屋で購入できる?

 

 

アフターピルは薬局で買える?

 

緊急避妊薬として知られるアイピルはどこで入手できるのでしょうか。

 

アイピルは海外の製品で、日本では薬事法の縛りがあるため薬局やドラッグストアでは販売されておらず、アマゾンや楽天などインターネットのECサイトでも取り扱っていません。

 

入手するには海外医薬品の輸入代行を手がけているサイトを通じて購入するのが一般的で、このほか自分自身で個人輸入することも可能です。

 

アイピルは避妊失敗後、48時間以内に服用すれば95%の高確率で妊娠を防ぐことができますが、それ以降は時間の経過とともに効果が弱まってしまいます。

 

輸入代行サイトで購入した場合、最短でも3日、長くて2週間ほどかかってしまうことがありますので、妊娠を望まない人は、万一に備えてあらかじめ常備しておいた方が安心です。

 

アイピルと同じ主成分の薬を医療機関で処方してもらうこともできますが、医療機関を受診したくない人、周囲に知られたくない人は個人輸入代行業者で注文するのがおススメです。

 

アフターピルはアマゾンや楽天で支払える?

 

アイピルは海外の製品で日本の薬局、ドラッグストアでは販売されておらず、一般的には医療機関を受診すれば、医師の処方のもとアイピルと主要成分が同じ「ノルレボ錠」入手が可能です。

 

主要ECサイトのアマゾンや楽天でも薬事法の関係で取り扱っておらず、ネットで購入する場合は個人輸入をするか、輸入を代行しているサイトを通じて買うしかありません。
アイピルはできるだけ早く飲むことが大切なので、ネットで購入する場合は、事前に購入しておき、いざという時はすぐに飲めるようにしておくことが必要です。

 

アイピルの値段はいくら位が相場なの?

 

アイピルの値段相場を考える場合、まず薬の性質を知って置く必要があります。

 

その概要ですが、アフターピルと呼ばれる緊急避妊薬の1つであり、同様の目的で使用する他の薬剤と同様に処方された場合には保険適用の対象とはなりません。

 

海外個人輸入の規制対象となる成分は含んでいない、ジェネリック医薬品の1つであるという点も押さえて置く必要があります。

 

こうした薬の性質から、病院受診で医師の処方を得て購入する場合には、保険適用の対象とはならずに自由診療扱いとなります。

 

事情を話せば手に入り易く、入手の即時性も高いものの、1回分である1箱の値段相場は15000円程度となっています。

 

一方、海外個人輸入の場合にはジェネリック医薬品としての本来の薬価の低さがそのまま反映されます。

 

1箱1回分という設定もあってある程度の纏め買いが基本になる、輸入手続き等との兼ね合いで直ぐには手に入らないという側面はありますが、1箱当たりの値段相場は1500円を切る程度となります。

 

アイピルの偽物を販売する業者も潜んでいる

 

 

アイピルを扱う個人輸入業者には偽物を販売している業者もいるので注意が必要です。

 

いくつかチェックするべきポイントがあるので偽物を売る業者かどうかの判断材料にしてみて下さい。

 

偽物を扱う業者かどうか見分ける方法とは

 

金額が安すぎないか

 

販売価格がとても安すぎる業者は疑った方がいいでしょう。

 

個人輸入の業者をいくつか調べて値段が極端に安いのは要注意です。

 

電話で質問受け付けをしているか

 

売っているだけで後のフォローは全くないという業者は電話での対応も配慮がありません。

 

何か不明な点があった場合、きちんと対応してくれる業者かどうかを見ます。

 

破損していた場合交換してくれるかどうか

 

海外からの配送中に破損した場合、保証してくれる業者かどうかチェックしましょう。

 

破損したお薬を飲むのは体の事を考えれば絶対嫌です。

 

破損しても正規品を送ってくれる業者であるのは大前提です。

 

アイピル服用後に注意する事

 

アイピルを服用した後、注意する事とは一体どんな事があるのでしょうか。

 

アイピル服用してお酒飲んでもいいの?

 

アイピルは服用すると女性ホルモンに作用を及ぼしますが、お酒のアルコールにはそうした作用がある訳では無いので、アイピル服用後の飲酒は全く駄目という訳ではありません。

 

少なくとも、お酒自体がアイピルの作用の成否に影響する事は無いという訳です。

 

ですがアイピルには副作用として吐き気を覚え易くなる作用があり、実際に嘔吐に至ってしまった場合には成分が排出されたり吸収が弱まって、肝心の避妊効果が得られない可能性があります。

 

アルコールには吐き気を助長する作用はあるので、アイピル服用後の飲酒は避けた方が無難です。

 

また飲酒は消化器官に負荷を掛け易くなるものなので、それに伴って成分の吸収が弱まる可能性もあります。

 

普段から常用するタイプの薬で無い事にまで鑑みると、アイピル服用後はその日の内は飲酒を避けた方が良いと言えます。

 

飲み会や会合でお酒が避けられない場合についても出来れば周囲に断りを入れて、最小限の量に留めるべきでしょう。

 

 

アイピル服用後にタバコを吸ってもいいのか

 

アイピルを服用した後は喫煙を避けなければなりません。

 

アイピルのようなアフターピルには血栓症のリスクを上げるという副作用があります。

 

服用するとフィブリノゲンやプロトロンビンといった血液を固まらせる成分が体内で増えるためです。

 

タバコに含まれるニコチンには血管を収縮させる作用があるため、喫煙者は非喫煙者よりも血栓ができやすいです。

 

血栓が心臓や脳にできてしまうと、生命を維持する重要な器官に血液を送ることができないので非常に危険です。

 

アイピルを飲んでいるだけでも血栓症のリスクがあるため、それを増大させるようなタバコは命の危機をもたらします。

 

アイルを服用して数日から数週間が経過すると、わずかに出血します。これは退消出血といって避妊に成功したというサインです。

 

消退出血が見られるようになれば、喫煙を再開しても良いとされます。

 

受動喫煙でピルの副作用が出やすくなるという報告はありませんが、健康のことも考えてできるだけ避けましょう。

 

授乳中にアイピルを飲んでもいいのか

 

出産後でも排卵をしている可能性は0ではありませんので、授乳中であっても妊娠を望んでいないのであれば避妊は必要です。

 

もしも、なんらかの理由で避妊ができなかった場合は、アイピルを飲んで避妊をした方がよいのですが、この時、気になるのが授乳中にアイピルを飲んでもいいのかということでしょう。

 

医師によっては影響力はそれほどないため服用しても問題ないとするケースもありますが、アイピルの服用後、およそ8時間程度は血液中や母乳のホルモン濃度が高くなるという研究データもあるため、注意が必要です。

 

またこの研究データでは、服用から24時間以降は血液や母乳中のホルモン値が正常値に戻るという結果もでていますので、どうしても服用する場合は、服用から24時間経過するまでは授乳を避けた方がよいでしょう。

 

ただ胎児が1歳未満の場合、授乳間隔も短いため、24時間あけるというのが難しいというのが実情だといえますので、できればアイピルを飲まなくてもいいようにしっかりと避妊を心掛けることが大切です。

 

アイピルと低用量ピルの違いとは

 

アイピルは、性行為の直後にその日だけ飲む緊急避妊薬です。一方、低用量ピルはホルモンを調整するお薬です。

 

どちらも避妊薬として使用しますが、アイピルには卵子の受精や受精卵の着床を止める働きがあり、コンドームが外れてしまった時や、レイプ被害にあってしまった時などの望まない妊娠を防ぐ目的で服用します。一方で低用量ピルは、日常的に服用することでホルモンバランスを調整し、排卵を抑制します。また、排卵を抑制する避妊目的だけではなく、生理不順・生理痛緩和・不妊などの治療にも用いられます。

 

アイピルは緊急避妊薬として、性行為後72時間以内に1錠服用します。あくまでも緊急用なので、日常的に服用することは推奨されていません。低用量ピルは、毎日日常的に服用する必要があります。

 

避妊成功率を比べると、低用量ピルの場合は、飲み忘れずに正しく毎日飲み続ければ約99.9%の避妊率と言われていますが、飲み忘れてしまうと効果は得られません。アイピルは服用が早ければ早いほど避妊率は高まり、性行為後72時間以内に服用した場合には75%以上、24時間以内に服用すれば95%以上の確立で妊娠を回避できます。

 

セックスを定期的に行うパートナーがいる場合なら毎月低用量ピルを飲んだ方が避妊の確率も上がりますし、不安も減らせます。

 

確実に避妊するならばアフターピルよりも低用量ピルが適しているでしょう。

 

望まない妊娠をしてしまうのではないかと不安ならアイピルを飲みましょう

 

性行為の最中にコンドームが破れてしまったなど、なんらかの理由で避妊に失敗してしまうことがあります。
コンドームを付けていた場合の妊娠確率がおよそ2〜3%であることと比べて、コンドームが破れてしまった場合の妊娠確率はおよそ12〜15%と格段に高くなってしまうため、なんの対処もせずにいると次の月経がくるまで妊娠してしまったかもしれないという不安を抱き続けなければならなくなります。

 

しかし、性行為をしてから72時間以内に緊急避妊薬であるアイピルを服用することができれば、長い期間、不安と戦う必要がなく、避妊をすることができます。

 

そのためにも、パートナーがコンドームを付けてくれるから大丈夫と思わずに、万一の失敗に備えて、アイピルをストックしておくとよいでしょう。

 

またもしも、うっかりストックを切らしてしまったり、事前にストックしていなかった場合でも、昨今は迅速な配送をしてくれる通販サイトも多数存在していますので、72時間以内に必ず配送される保証があるサイトでアイピルを購入して服用するようにしましょう。